お知らせ

2011月07月03日セミナー風景紹介

2011年6月のプラクティショナーコース授業風景です。

コースはこんな感じで楽しく実習中心にすすめられます。

 

ヒューマン風景.png

ヒューマン風景2.png

実習主体なので

受講生「時間が経つのがあっという間!」

木村悦理香「でーしょ〜?」

な〜んて会話が繰り広げられていますgood

 

ヒューマン風景3.JPG

 

あなたもぜひお越し下さいね。

楽しいですよ!shineshineshine

 

 

 

2011月07月02日「10年間毎日うつだった」川越胃腸病院

 

タイトルの

「10年間毎日うつだった」と言う言葉は

先日ご紹介した川越胃腸病院の看護師長さんの言葉です。

 

先見の明を持って経営にあたる院長のもと、

スタッフの育成のために心を砕く看護師長。

ところが当時としてはあまりにも先を行く院長の

患者中心、患者への心を尽くすサービスをという

経営方針に時代も人もまったくついてこられないdash

 

「とにかく人が育たない。育たない。育たない!sad

 求人してもそれに見合った人材も来ない。sad

 それで10年間は毎日うつだった。wobbly

 いろんな人の入れ替わりもあり

 それでも残る人は残って10年経ったとき、

 ようやく求めるものに見合った求人が

 できるようになり、flair

 目指す教育も出来るようになってきた。」bell

 

この言葉を聞いた時、

この病院が20年以上も前からこつこつと

積み重ねてきたものの重みをずっしりと

体の感覚として感じました。

 

看護師長は最後にこんなことを言われていました。

 

「結局今になって思うのは

 大事なのはとにかく諦めずに

 繰り返し何度でも同じことを

 言い続けることだったってことです。」

 

この言葉に私も大きく背中を押された気がします。

これからも人が自分の内面と向き合って

心にかかった制限や不安を解放していくことの

素晴らしさや楽しさ、そして人の持っている可能性を

何があっても伝え続けよう。shineshineshine

 

そう強く思ったのでした。rock

 

 

 

 

悩み事をお持ちの方はどうかお一人で悶々とせず

NLP個人セッションをお申し込み下さい。

必要な気づきはあなたの内面から起こります!

 

予約制   60分    15,750円/120分 31,500円

 

お問い合わせバナー.png

 

 

NLPを学ばれたい方は

 

 

 2011年8月13日(土)8日間集中コース、土日コース

 2011年8月27日(土)土日コース

 受講生募集中です!

 7月10日までにお申し込みの方は入学金31500円がOFF!
 お急ぎ下さい!
 

 

お問い合わせバナー.png

2011月07月01日セミナースケジュール追加

2011年7月1日 セミナースケジュール、2本追加しました。

8月末スタート 水曜プラクティショナーコース

8月末スタート 火曜マスタープラクティショナーコース

2011月06月30日問題はどこにあるのか

 

昨日ADHDのお子さんの話を書きましたが、

NLPの創始者リチャード・バンドラー博士は

多動性学習不能症(ハイパーアクティビティ・

ラーニングディスアビリティ)について

こんなことを言っています。

 

「ハイパーアクティビティな子供達がいるのではない。

 彼らは退屈していて、そして

 柔軟性のない教師がいるだけだ。

 

コミュニケーションは自分が相手にどのように働きかけ

その結果相手がどんな風に反応したかに意味があります。

望む結果が得られないからと言って

相手のせいにしたり、相手を変えようとするのではなく、

相手から望ましい反応を引き出せるよう

自分自身がその働きかけ方を変えればいい。

 

これはNLPを学ぶ際に最初に教えられる基本的な考え方です。

 

目の前に困難が立ちはだかったとき

本当の問題はどこにあるのか。

それさえ間違わなければ

それを変えて行くことが可能になります。

 

 

悩み事をお持ちの方はどうかお一人で悶々とせず

NLP個人セッションをお申し込み下さい。

予約制   60分    15,750円/120分 31,500円

 

お問い合わせバナー.png

 

 

NLPを学ばれたい方は

 

 

 2011年8月13日(土)8日間集中コース、土日コース

 2011年8月27日(土)土日コース

 受講生募集中です!

 7月10日までにお申し込みの方は入学金31500円がOFF!
 お急ぎ下さい!
 

 

お問い合わせバナー.png

2011月06月29日ADHDだったお子さん

8年前、小学校5年生だったお子さんが

ADHDではないかと診断されご相談に来られたお母様。

親子で半年くらいカウンセリングを続けて

それからも時々近況をお知らせ頂いています。

 

そのお子さんもすっかり大きくなられて

高校も無事卒業して、今年看護の専門学校に

入ってがんばっている、とご連絡を頂きました。

 

何をやってもだるくてやる気が出なくて、

学校が嫌いだった小さかった男の子。

あっという間に背も高くなり

自分でこれをやると決めてがんばっているようです。

 

お母様もご自分の気持ちと向き合い沢山のことを

乗り越えられて来たのだろうと思います。

 

嬉しいお知らせを頂きありがとうございました。

 

悩み事をお持ちの方はお一人で悶々とせず

NLP個人セッションをお申し込み下さい。

« 前の記事へ6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

ページトップへ▲