お知らせ

2016月10月28日アンナ・スイル氏の引退による変更事項

米国NLP協会日韓統括ディレクターアンナ・スイル氏が

この度そのディレクターの職を引退することになりました。

 

引退に伴う弊社の事務的な変更事項としては
これまで弊社で米国に直接申請発行していた
アンナ・スイル氏のサイン入り
ハートセンタードNLPの認定証発行を終了致します。
 
次回資格認定コースから認定証については
株式会社アライアンスジャパンからの
資格申請、認定証受け取りとなります。
 
弊社で米国NLP協会資格認定コースを受講して下さり
認定証をお持ちの方で、認定証発行後
2年が経過している方は認定証の更新を、
同じく株式会社NLPアライアンスジャパンに申請して下さい。
 
株式会社NLPアライアンスジャパン ホームページ
 
 

 

米国NLP協会会長、ジョン・ラバーユ氏、
リチャード・バンドラー博士、
アンナ・スイル氏から正式なレターが発行されています。
 
 
 
 
 

 

<原文:ラバーユ会長より>

 

Hello Everyone,

 

After many years of superb service as The Society of NLP's Director for 

Japan, etc., Suil is now retiring from that position.

 

While we initiated that position in order to coordinate our efforts in 

Japan, and Suil did a great job with the different organizations setting 

that in motion, we now have wonderful coordination with those organizations 

in Japan.  And so, we also no longer require any Director position.

 

My position with those organizations now continues directly with them, as it 

has been in the recent past.  I will now be in direct communication with the 

different organizations.

 

Suil will still be acting as a resource for training and support to the 

trainers in Japan at their discretion and also in an advisory capacity to 

The Society of NLP, and also be involved in the upgrading of Provisional 

Trainers to Trainers in Japan.

 

A few months ago, Suil began to revisit the guidelines for the certification 

process and programs that were being used in Japan, and I have asked her to 

continue that as my coordinator.

 

Since this is an important document in order to maintain the consistent 

quality trainings that we have appreciated from Japan, I and Dr. Bandler 

look forward to our leading associates joining in this endeavor, and having 

your input so that we may continue across Japan with the same and essential 

guidelines.

 

Suil is not a member of the team per se, but will coordinate all your 

efforts so that we can have a common understanding.  This should not be a 

very difficult project for everyone and your input is needed and 

appreciated.  I look forward to a quick completion of this project.

 

I want to personally thank Suil for her wonderful support as our Director 

and look forward to her continuing involvement for us.  She has always been 

dedicated and has worked very hard in her mission, which I'm sure was not 

always easy.

 

I have also attached a pdf from Dr. Bandler to Suil, thank her, as well.

 

Please join us in thanking Suil for her past work as Director, and for her 

willingness to continue being involved in certain activities for us and as a 

resource to you, as well.

 

I also want to thank each and every one of you for what you do, as well.

 

I ask that you please also pass this along to all of our trainers that you 

know there so they are also well informed of this message.

 

  Thanks and Be Well,

 

            John La Valle

 

 

<原文:バンドラー博士より>

Dear Suil,

 

I want to take the opportunity to thank you for your dedicated service to 

The Society of NLP?as our Director for the past many years.

 

While you are retiring from that position, I also look forward to your 

continuing to be active as a resource for training and support to the 

trainers in Japan and also in an advisory capacity to the Society of NLP?as 

well as continuing to be involved in the upgrading process of Provisional 

Trainers to rainers in Japan for the Society of NLP?.

 

I wish you more success in all your additional endeavors and appreciate all 

you do.

 

Sinerely,

Dr. Richard Bandler

 

<原文:スイルより>

 

Dear NLP Trainers,

 

Since the early 1990’s I have served the NLP community in Japan and after 

many years of being the director of Japan and Korea for the Society of NLP 

Dr. Richard Bandler it is now time for me to retire from this position.

 

I have had the pleasure of working with so many of you NLP Trainers and can 

retire feeling that a lot of good seeds of love, joy and freedom have been 

planted and are growing well in Japan.

 

I will continue to be an advisor for the Society and work with Dr. Richard 

Bandler and John and Kathleen LaValle is this capacity and will continue to 

work with the upgrade from NLP Provisional Trainer to NLP Trainer

 

I have a heart of gratitude for all the gift of friendships that have helped 

me during this journey in Japan.

 

Have a great life and spread the seeds of being happy.

I wish you all the best,

 

In gratitude,

Anna Suil

2016月10月17日旧アドレスでのスパムメール 2016年10月17日

本日、弊社の旧メールアドレス

info@holistic-arts.jp からスパムメールが

送られてきたというご連絡がありました。

他にも送られた形跡があるとのことでしたので、

もしメールを受信された方がいらっしゃいましたら

恐れいりますが

URLを開かずにすぐに削除をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hi!

I've just found something amazing and it also reminded me of you,

just take a look  http://++++++++++++++++(URL リンク省略)

Pardon my monkey thumbs, info 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

弊社の旧ドメインのメールアドレスである

info@holistic-arts.jp は今年5月に既に

サーバーからアカウントを削除しており

存在しないアドレスです。

お使いのメールソフトや携帯電話、スマートフォンの設定で

info@holistic-arts.jp からのメールを

受信拒否の設定にして頂きますようお願い致します。

皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

重ねてメールのURLは開かず、

すぐにメールの削除をお願い致します。

 

弊社契約プロバイダー、サーバー管理会社によると

なりすましは自由に送信メールアドレスを書き換えられるので

防ぎようがないとのことで弊社としても

対策のしようがない状態です。

 

何か方法がないか改めて調査して参りますので

なにとぞご理解下さいますよう、お願い致します。

 

 

 

2016月10月04日第4回 願叶アート展 2017 今年も開催致します。

今年度で4回目となる願叶アート展2017。

2017年1月6日より開催させて頂くこととなりました。

新年の清々しい空気の中、

ランチを頂きながらの作品鑑賞、お楽しみ下さい。

ご来場のご予約は必要ありませんが、

お時間帯によっては、混み合っていて

お待たせする場合がありますこと、ご了承下さい。

 

☆会場:カフェダイニング素々☆

小田急線経堂駅 徒歩3分(東京都世田谷区)

https://tokyo.seikatsuclub.coop/life/enjoy/motomoto.html

ランチ960円〜 ランチドリンク100円〜 ランチデザート300円

 

<願叶アート展について>

願叶アート展はNLPやNLPをベースにした

ワークショップ、ビジョンタッチ、

願叶スペシャリスト養成講座から飛び出したスピンアウト企画で、

お陰様で今年度が4度目の開催となります。

 

展示作品はどれも素敵なものばかりで、主催者も毎年

どんな作品が見られるか、楽しみにしている企画です。

 

会場は東京都世田谷区にある、生活協同組合が母体の

「ダイニングカフェ素々」様です。

毎年たくさんの方に作品をご覧頂いています。

 

今年も

 本場ハワイのエッセンスがたっぷりのハワイアン・キルト

 優しさの中に一本筋のとおった強さを感じる可愛いイラスト

 色と光の反射と透け具合がなんとも美しいグラスアート

の展示を予定しております。

 

ハンドメイド作品の市場はここ数年で急速に大きくなり、

2014年以降は8000億円もの市場があるそうです。

個人でも気軽に作品を紹介、販売出来るインターネットサイトも出来て、

作品の販売だけでなくオーダーメイドの製作受注など、

その形態も様々なものがあるようです。

 

 

それぞれの作家さんがご自分に合った形で、

自分の「好き」を作品として形にしたもの。

 

そんな作品が展示棚に並ぶ様子は、

見る人の心に、柔らかい光と

心地よさを与えてくれているのかも知れません。

 

作品をご縁があって会場にお越し下さる方に見て頂くこと。

そのお手伝いをさせて頂くために、

ご出展下さる作家の皆様や、会場を提供して下さる素々様と

こうして願叶アート展を主催させて頂けていることは

本当にありがたいことだと思っております。

 

今年も皆様のご来場お待ちしております。

 

2016月09月22日行政の方へ 災害時の精神的な課題に対処するNLPトレーニング

行政の方へ

 

地震、火山の噴火、台風や豪雨などの自然災害による

急激な精神的負担や、被災したことによるショックに

対処するためのNLPトレーニングを提供致します。

 

NLPは1970年代、アメリカにおいてベトナム戦争の帰還兵の

PTSD治療で特筆すべき効果を発揮したことから世界中に広まりました。

 

今では医療のみならず、ビジネスやスポーツ、教育の世界でも

人々にとって望ましい結果を引き出す為に活用されています。

 

災害による急激な精神的負荷に対しての、また、緊急時の備えとして、

前もってトレーニングを受けておくことで、急激に降りかかる

ストレスに対しても、精神的に柔軟な対応力が養われるでしょう。

 

トレーニングの対象者は、

主に行政の職員の方、消防士やレスキュー隊員の方、

自衛隊の方など、現地で救援にあたる方となります。

 

トレーニングのご依頼、お問い合わせは

こちらのフォームからお願い致します。

 

 

行政の方専用お問い合わせフォーム

 

 

 

 

2016月08月31日採用情報ー応募資格  2016.8.31更新

応募資格
 
 
 
1. 米国NLP協会認定NLPトレーナー資格保持者
 
  米国NLP協会認定NLPプロビジョナルトレーナーから
  米国NLP協会認定NLPトレーナーに昇格していること。
 
2. 有効期間内の認定証を持っていること。
 
3. 米国NLP協会認定NLPプラクティショナーコース、
  米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーコースを
  最低各3回以上、3人以上の米国NLP協会認定NLP
  トレーナーから受講していること。
 
4. 米国NLP協会認定NLPプラクティショナーコース、
  米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーコースを
  最低各3回以上単独で開講し、米国NLP協会の認定証を
  発行していること。
 
5. 英検2級 もしくは TOEIC 600点以上の資格を保有して
  いること。
 
6. 日本国内の法律、特に薬事法、医師法を遵守していること。
 
7. 米国NLP協会の定める規準に従って活動していること。
 
8. 心身ともに健康であること。
 
9. インターネットサイトの規約を守って利用していること。
 
 
 
以上の条件を満たす方にご応募頂けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 前の記事へ1  2  3  4  5

ページトップへ▲