株式会社Heart Centered NLPのNLP



木村悦理香

株式会社Heart Centered NLP 代表取締役
米国NLP™協会認定トレーナー
米国NLP™協会認定コーチングトレーナー
NLPプログラム一覧NLPプログラム一覧


■その他のNLP™受講修了コース
・米国NLP™協会ビジネスマスタープラクティショナー
・米国NLP™協会メタマスタープラクティショナー
・パーソナル・エンハンスメント
・第一回米国NLP™協会ヨーロッパカンファレンス
・パーシュエイション・エンジニアリング
・メタマスター・トラック
・オルタードステイト・シャーマニックステイト
  &ベーシックブレイン・エクスプロレーション

NLPプログラム一覧   NLPプログラム一覧

 成城大学法学部卒。NLP™共同創始者リチャード・バンドラー博士、そして博士の右腕と言われる米国NLP™協会会長ジョン・ラバーユ氏のトレーニングをこれまで多数受けており、2013年には米国NLP™協会ビジネスコーチング国際ディレクター、アレッシオ・ロベルティ氏より米国NLP™協会認定コーチングトレーナー認定を受ける。多数の学びの中でも、リチャード・バンドラー博士による受講生が12名のみという非常に限られた人数での特別なトレーニングを受けるなど、オリジナルの情報をダイレクトに吸収、習得しており、NLP™創始者リチャードバンドラー博士より推薦状を授与されている。公式NLP™トレーニングマニュアル翻訳者。

 心理学と脳科学を駆使して、性別や年齢を問わず幅広い視点からNLP™を活用、NLP™をビジネスに組み込み成功させるための支援や企画立案など、NLP™を単なるスキルではなく、自分自身や周囲の他者、社会に変革を起こす原動力として、実践での活用を重視した効果的なトレーニングを実施。2010年度、2011年度の2年度に渡り、鹿児島県奄美市にて、「厚生労働省重点分野雇用創造事業地域人材育成事業」を受注、また2012年2月の「奄美市情報通信産業人材育成事業(コーチ招へい事業)」を受注、人材育成の一環としてNLPを研修に導入。2010年9月、株式会社NLP™アライアンスジャパン主催、米国NLP™協会会長ジョン・ラバーユ氏、マスタートレーナーのキャサリン・ラバーユ氏の初来日セミナーではアシスタントとして板書の翻訳を、2014年10月、リチャード・バンドラー博士初来日セミナーでは Bandler Japan 2014 実行委員会の一員として総合司会をつとめた。翌年2015年3月、約3週間、切れ間なく愛知県名古屋市及び京都府京丹後市にて米国NLP™協会認定プラクティショナーコース、米国NLP協会認定マスタープラクティショナーコースを実施、現在もNLP™プライベートレッスン、コーチング、認定コース提供を通してNLP™トレーニング活動に従事している。




リチャード・バンドラー博士推薦状

NLPプログラム一覧

This image is used with permission
granted to Erika Kimura
by Dr. Richard Bandler & John La Valle


NLPプログラム一覧





NLPプログラム一覧



NLPプログラム一覧   NLPプログラム一覧




コースで使用するNLPトレーニングマニュアル(株式会社NLPアライアンスジャパン出版)は、リチャード・バンドラー博士の著作権利用許諾を取得した日本語マニュアルです。バンドラー博士より公式に推薦を受けています。ご縁を頂き、木村悦理香が翻訳を担当させて頂きました。お力添え下さった関係者の皆様、実際にマニュアルをお使い頂いている皆様には心よりお礼申し上げます。

マニュアルには資格認定のために一定の水準が保たれるよう、認定コース開催のガイドラインが示されており、弊社で実施するコースもそのガイドラインに沿って実施されます。

マニュアルをご希望の方は 株式会社NLPアライアンスジャパン よりご購入頂けます。



<弊社のトレーナー採用基準>
1.  米国NLP協会認定NLPトレーナー資格保持者。(米国NLP協会認定NLPプロビジョナルトレーナーから昇格していること)
2.  有効期間内の認定証を持っていること。
3.  米国NLP協会認定NLPプラクティショナーコース、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーコースを最低各3回以上、3人以上の米国NLP協会認定NLPトレーナーから受講していること。
4.  米国NLP協会認定NLPプラクティショナーコース、米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナーコースを最低各3回以上単独で開講し、米国NLP協会の認定証を発行していること。
5.  英検2級 もしくは TOEIC 600点以上の資格を保有していること。
6.  日本国内の法律、特に薬事法、医師法を遵守していること。
7.  米国NLP協会の定める規準に従って活動していること。
8.  心身ともに健康であること。
9.  インターネットサイトの規約を守って利用していること。

ページトップへ▲